ありがとうの箱

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が尊敬する男

その男は漁師だ。
自分の船を操り、荒れる黒潮の上で戦ってきた。
その男はつるっぱげだ。
形の良い頭に、申し訳なさそうに白髪が付着している。


その漁師は、自らが釣ってきた魚を市場にながす他に、お客を船に乗せて漁を楽しんで貰うという仕事もしていた。
海っちゅーのは、気ままなもので、釣れる釣れないの波が激しい。
しかし、釣れなくても同等の料金を頂かざるを得ないのが商売だ。
そのために、漁師は早朝3時に起きてその日のお客が釣れなかったときのための魚を釣り、無料で差し上げてたんだってさ。
そうやった心配りが、いつもお客が途切れさせず、人気の船になったという。

そのつるっぱげは、かつて日本国の行ったシベリア出兵に召集された。その後、現地でロシアの捕虜となったらしい。
極寒の地での、人間としての扱いをうけない生活。
自分には想像できない。
その見返りとして、日本政府から、わずかばかりの補助金が出ているらしい。
そのお金を、オレなんかのために送ってくれていた。
オレが「人としての普通の生活ができるように」、って。
当時、のうのうと生きていたクサレ学生は
そういう風に生まれたお金だって知らなかった。



人のために自分の時間を犠牲にできる。
例えそれがエゴや、自己保身だったとしても、オレは素直に称賛する。
人が気持ち良く帰ってもらうために、自分に出来ることを考え、毎日実践していたその漁師の姿は素敵だと思う。

「どんな形で生まれたお金でも、その価値に変わりはない」
っていう側面も確かにある。
でもオレは、そうは思わない。
綺麗事だとは思うけど、汚い手法で得たお金は、その金で得た商品の価値を薄っぺらくすると思う。
オレはお金持ちには、そこまでなりたくない。
心のこもったお金の価値が薄れそうで怖いから。


その男は、心に響く唄声を持つ。
暖かい響きに、誰もが笑顔になる。
その男は、学校の勉強ができない。
しかし、他の誰よりも動き、誰よりも仕事ができる。


今、そのつるっぱげが何歳になったのかは知らないけど、今でも男前なんすよ。
鼻筋がスッとしてて。
うちのばぁちゃん、ナイスゲット☆

スポンサーサイト

好きな言葉

むかーしから、好きな言葉がある。すごく簡単な言葉だ。それを相手に申し伝えて、承諾されると、真に和やかな気分になる。相手と共有した時間が、向こうにとっても良かったものなんだなって感じる。


今日(25日)は、野球をしました。1ヶ月前から計画して、色んな方々が様々な形で協力してくれて、最高のシチュエーションで催していただきました。
自分の野球の下手さ具合も結構見せることが出来ました。でもまだまだ足りないな。もっと、下手ですから。チームメイト、すまん。

大勢集まると、全員のニーズを充たすことはなかなか難しく、今回楽しめなかった人たちもいるかも。ごめんちゃい。オレは充分楽しかったぁんだけど。

わざわざ時間を割いて参加してくれて、応援してくれて、早朝から場所取りに動いてくれて、弁当つくってきてくれて、ユニフォームつくってきてくれて、不参加でも気遣ってくれて、盛り上げてくれて、天気良くて、感謝です。
最近思うのは、自分のキャパ不足。2年前もひどかったけど、退化してるくせー。

偽善者の戯言。みんなが楽しそうにしてると、良いんですよね、まじで。だから、どうにかしてみんなの要求を汲んでやりたい。んで、色んな意見聞いて、中途半端になる。
よし、言い訳終了。

こっちとの掛け橋となってくれたピョン。精力的な動きを見せた主催者ぎゃり。お疲れ様っちゃ。おめーら、最高級です。


楽しかった人も、懲りた人も、
また今度」お会いしましょうや。

6.15

3年前の今日、初めて2人乗りした。
2年前の今日、仏料理に舌鼓。
1年前の今日、森ビルの迷路を彷徨った。



昼は蒸し暑く、夜半にかけて肌寒い。
3年前の今日も、似たような日だった。
色褪せない、淡い淡い記憶。

けど、肌寒さなんて、どうでも良かったね。
心はとっても穏やかで、汚い街も、騒々しいはずの雑踏も、すべてが暖かく感じた。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日、ひとりでパソコンにむかっている。

来年も、
2人乗りもせずに、仏料理を見ることもなく、六本木も歩かない。


でもきっと、穏やかな気持ちになれる日。

イタリアから来た縦縞

(今回も完全自己満なので、お気をつけ下さい)


観てきました。FC東京vsユベントス@味の素スタジアム。
ユベントスのジャパンツアーの第2戦で、ユーべは先日、前期Jリーグ王者の横浜F・マリノスを1-0で破っていた。

仕事を無理やり終わらせて、ダッシュ。でもキックオフには、間に合わず。
いやー、スタジアムは良いっすよ。両チームとも、ボチボチベストメンバー。

観るべき点は、ほんとに多くて、前半はFC東京も見せ場を作りまくっていた。戸田ってこんなに足速いんだって驚いたし、今野はやっぱ安定感がある。前半は1-0でFC東京がリードで折り返す。

後半開始早々、トレゼゲのゴールで反撃開始。気がつけば、サッカーゲームのように点が決まっていた。
センタリングをあげれば、ネットが揺れるような感じだった。
結果、スクッリ、デルピエロ(2発)とゴールを決め、1-4。

スタジアム観戦の何が良いって、普段ならばカメラに映っていないであろう選手の動きが観えるところ。
ユーべのフォーメーションは、トレゼゲとデルピの2トップ。2列目にネドベドとカポが並ぶような感じだったんだが、この2列目の2人がやばかった。
よく動く。親善試合だからという手抜きが感じられなかった。
特に、感動したのはパベル・ネドベドという男。
後半40分近くの時間帯、スコアは自分のチームは3点リードの場面。
左サイドバックであったゼビナがオーバーラップしており、ペナルティエリア内で敵と競り合って、転倒した。
ファールなし。カウンターにかけるFC東京。
しかしその刹那、前線から、全速力で左サイドバックの位置に走る金髪の姿があった。
ゼビナのポジションに入り、スペースを埋めることで、FC東京のカウンターは不発に終わる。
プロだ…。
こんな極東の地にまで来て、ここまで魂のこもったプレイをしていただけることが、嬉しかった。

サッカーは全員でするもの。
縦縞たちの熱いプレー、堪能させていただいた。

あとね、親善試合だけあってか、みんなフェア。
クリーンな試合は、サッカーが面白いっす。

東京側は、石川君が良かったなぁ。なんか、彼がボール持つと動きが生まれて、観てて楽しかった。

誰かサッカー観にいきましょう。

200506111111000s.jpg

無力

今日、仕事でミスをしました。
不運が重なってのミス。

自分の失敗で、色々な人が苦労する。
しかも、誰もオレを責めない。
新人だから。

オレは何も対処出来ない。
新人だから。

まじ、参った。参ったよぉぉ。

いつか、絶対、恩は返します。
おしっっ!

幸せな死に方

この先、生涯の伴侶と出逢って、どちらかの息が絶えるまで連れ添ったと仮定する。
どんな形にせよ、必ず別れは訪れてしまう。

さて。逝くのは自分が先か、相手が先か。
どちらにしても、その空しさたるや、想像の範疇ではない。

つい1年前まで、オレは「先逝き」を望んでいた。
理由は言わずもがな。ちゃみしいから。



でも、変わった。

オレは今、大事な人の葬式をちゃんとしてあげたい、って思ってる。
つまり、喪主になるんだ。
かけがえのない人の魂を、ちゃんと送り出す。
「じきに逝くからよ」って呟きながら。

んで、葬式に来てくれた人々に、一人ひとり頭を下げるの。
「こいつを今まで支えてくれて、お別れの挨拶に来てくれて、……」
すんげー、辛いだろうけど、気丈な感じで。
ひとりひとりに感謝しよう。



二人きりになったら、泣こう。
涙で視界をぼやけさせて、想い出に浸るんだ。


たとえ、肉体はなくなっても、毎日話しかけよう。
「今日はね、わたれ爺さんとさちっこ婆さんとワッフル食べたよ」
きっと、オレに一番近い空で、「良かったね」って微笑んでくれるんだ。


ときが来たら、オレもサクっと逝こう。
ワッフルを持ってって、あっちで一緒に食べるんだ。


しーほん

もう6月ですか。。しかも3日??
ちょいと、時の流れさん、少々焦り過ぎですよぉぉぉ。
歳とったら、一年が早いらしいんですよ。
そりゃ、筋肉痛も1日半後に来るわ。
そのうち、2日後に来るようになるんだろ。


しかし、最近、頗る体調が良いんです。
毎日、しんどいのはしんどいんだけど、なかなか順調な日々です。

体が資本。タッティはシーポン。

雀卓で教わったモノ

皆さんは、青春をどのように過ごした(あるいは過ごしているの)でしょうか?

部活?恋? はたまた勉学に勤しんでいた?

違いますよね。そう!麻雀ですよ。麻雀。
毎日、やってたでしょ。
ほんと、こいつは、とんでもなく良く出来たゲームだよね。
発明した人のことを、オレは神と呼ぶよ。
タンヤオという概念と、国士無双という役の設定は、素晴らしいよね。

麻雀の何が魅力かというと、そのゲーム性もさることながら、対戦相手の本質が垣間見れるところ。
人間観察が好きな部類の人には、うってつけの競技だと思うなぁ。
全部とはいかないけど、プレイヤーの性格が、結構プレイスタイルに出るんです。
あと、マナー。オレが一番見るのが、これ。
マナーがなってない打ち手は、いくら強くて巧くても、尊敬は出来ないにゃ。

自分が気分が良い時、幸せな時、人に優しく出来るのは当たり前です。
自分に余裕がない時、辛い時、そこでどう振舞うか。その時の対応で、その人のことがよく見えるって、オレは個人的には思ってます。

え?麻雀知らない?汚いイメージ?
これから、毎日、麻雀してみて下さい。
たぶん、4%くらいの方には理解して貰えると思います(笑)
オレはもともとそこまで強くない上に、ピークは過ぎたため、ぼちぼちやっていきます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。